D.H.C 地域冷暖房

D.H.Cとは「district heating and cooling」の略で、地域冷暖房のことを言います。

ひとまとまりの地域、またその中にある複数の建築物に専用の熱供給設備から温水・蒸気・冷水などを配管を通じて供給し、給湯・暖房・冷房・融雪などを行うシステムです。このシステムでは、熱源設備を集中することにより運転効率が向上し、それによる省エネルギー効果によって、環境保全にも大きな役割を期待されています。更に熱源設備の自由度も高く、バイオマス・太陽熱・地中熱などの再生可能エネルギーの活用も可能です。国の推進する「エネルギーの面的利用」の基幹技術として必須の技術です。